生ゴミ処理機でエコに貢献

###Site Name###

ゴミに関しては、様々な分別が行われるようになって、リサイクルなどにも活用されてきていますが、こと生ゴミに関してはまだまだ十分な対応が取れていないようです。各自治体で収集して処理していますが、総量が年々増大しており、処理能力や費用で社会問題となっています。
そこで生ゴミ処理機ですが、戸建住宅などの場合は、これを使って処理し、少しでも排出する生ゴミの量を減らば、社会のお役に立つというわけです。



生ゴミ処理機には、バイオ式と乾燥式の二種類があります。

生ゴミ処理機の最新情報をご提供します。

乾燥式は、温風などによって生ゴミが含んでいる水分を蒸発させ、量を減らすことと微生物の不活性化によっての衛生化に役立ちます。
バイオ式は、微生物に適した適した環境を整え、有機物を酸素分解し堆肥を作ります。

共同通信社を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

要は、主に水分量を減らすたゴミは、輸送や焼却のコストを減らすことに貢献できるのですが、お庭で家庭菜園などを行う場合、とても良い肥料を生み出せるというメリットがあるのです。

最近は、20センチほどの深さの穴を掘って、生ゴミを埋めておくと、堆肥になるということで、これを進めているところもありますが、堆肥になるまでには時間がかかることと、次々と新しい埋め立て用の場所を確保しなければならないので、処理機にお世話になる方だ便利ということもあります。

自治体によっては、生ゴミ処理機を購入する際に、自治体としてもメリットがあるので補助金を出しているところもあるので、確認するといいでしょう。