気になる生ゴミ処理機の電気代とは

###Site Name###

生ゴミ処理機があれば、自宅で生ゴミを処理できるようになるのですが、気になるのが電気代がいくらかかるかでしょう。

普通の3人家族で、一日に生ゴミが約400g出来たとします。生ゴミ処理機に投入してから、スイッチをおして約100分後に処理は終了します。

お勧めの生ゴミ処理機の新しい情報です。

電気代は、標準モードで行うなら約20円程度で済みます。

NAVERまとめにアクセスしてください。

ゴミの量が標準よりも少ない場合には、さらに早い時間で処理できるので電気代も安くなります。
概ね400gで 約100分かかり約20円程度で、700gになると約2時間15分かかり約30円です。生ゴミ処理機を使う時間を出来るだけ電気代の安い深夜にまとめて処理をするためには、予約タイマーを使えばより安く使用が出来ます。
さらに、水分を出来るだけ切っておくことや野菜の皮などで分解しやすいように長いままではなく切っておくことで、分解の時間を短縮することが出来ます。

キッチンの側に置いているので、手軽に生ゴミを投入することが出来るため、これまで自治体のゴミに出す時のように手間がかかりません。電気代も乾燥式であればこのように短時間で済むので、経済的に使えます。



ただし、生ゴミ処理機を購入する時にはやはり4~5万円は、相場としてかかると思っておく必要があります。

しかし、初期投資をすれば、後は、毎日出来る生ゴミを投入していくだけで、清潔に保つことが出来てたい肥として生まれ変わるので、環境への配慮も出来る魅力があります。