ディスポーザーで生ゴミ処理が簡単

###Site Name###

最近のタワーマンション、大型マンション等には標準装備として普及している「ディスポーザー」。

キッチンシンクの排水口に設置された生ゴミ粉砕装置ですが、これを使用する事によって、生ゴミの臭気やぬめり問題が一気に解決します。

All Aboutについて正しい知識を持つこと重要です。

使用方法は簡単で、調理中に出た生ゴミを排水口に流し、スイッチオン。

ディスポーザー情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

内部の装置で生ゴミが粉々に粉砕され、水道管を通って処理されます。

繊維質や堅い甲殻類から等、一部使用が向かないものもありますが、通常生ゴミとして処理していたものは大丈夫です。


少し堅いかなと思うものは事前に分解するなどして大きさを調整すれば大抵行けます。


ただ、注意点も有ります。



ディスポーザーの中に、箸置きやティースプーン等小さいものが生ゴミと一緒に流れ落ちてしまっている時が有り、そのまま利用すると故障の原因になります。

私の場合はお気に入りの箸置きを何度か、ダメにしてしまいました。

ディスポーザーを使用する前に、内部のチェックをする習慣を付けておくとこのような事態は回避出来ます。ディスポーザーの使用に関して、メリット・デメリットを比較した時には断然メリットの方が大きいと思います。

兎に角、面倒な生ゴミ処理の負担が半減しますし、夏の時期等に悩まされていた臭気の問題も解決してくれます。

当然、多少の手入れは必要になりますが、新しい家電を購入した時に手入れが必要になる程度の事です。

家事負担を軽くしてくれるディスポーザーは今後、食器洗浄機や浄水器のように各家庭に普及して行く家電だと思います。